The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
家の周りをぶらっと散歩
2011-03-18 Fri 08:56
マロレレーイ!!(こんにちは)

トンガは道を歩いているだけでおもしろいシーンに遭遇できます。
たとえば海辺を歩いていると、子供達が泳いでいる。
トンガ人は写真を撮られるのが大好き。

P1050494.jpg

がっつりポーズを決めてくれます。
そして最後の決まり文句

「お金ちょうだい!!」

・・・うーん
街を歩いていても大人も子供も外国人を見ると結構な確率で聞いてきます。
「ワンダーラ、ワンダーラ」($1くれ。$1くれ)って
きっかけはどうあれ目的もなく外国人がお金を渡してしまったことにも問題はあるんでしょうな。
一回おっさんに手を握られて、ずーと離してくれないことがありました。
このときはたまたま知り合いの政治家のおっちゃんが通りかかって追い払ってくれましたが、
一人だとなかなか危険なこともあります。

最近は自分がデイビッドのパートナーであることをトンガ国民が知ってきたので、
金銭的なトラブルはなくなりつつあります。
つっても大人だけやけど。
それにしても彼の効果はすさまじいものがあります。

P1050508.jpg

彼の名前はレオ(大人のほう)
近くに住んでいて、日本語の勉強中。
仕事の関係もあり、こっちでは携帯を所持しているんですが、
奴は毎日メールを送ってきます
「hi watashi wa leo desu. talo san nani tapetemasuka?bbq o tapetemasu desu. oyazuminasai have a sweet dream」
(やあ、私はレオです。タローさんは何を食べてますか?私はBBQを食べています。おやすみなさい。)
なんて感じで(笑)w
最初は真面目に返してましたが、夕食終わって携帯見ると5件も6件もこんな感じでメール来るんで若干大変です。


P1050516.jpg

この子の瞳の奥には森がありました。
どれだけ近づこうがカメラ向けようが一切の動揺を見せません。
昨日のMr.メシア(救世主)と共にトンガを支える人材になるんだろうなー。

P1050521.jpg

P1050525.jpg

ここら辺は毎日の散歩コースです。

P1050532.jpg

あと数日で満月。
ジャングルと満月の写真を撮ろうと待ち構えています。

P1050536.jpg

P1050539.jpg

現在twitteのタイムラインがすさまじいことになってますね。
あまり詳しくないのですが、拡散(?)とかいうので皆が協力して情報共有
地震速報サイトでは関連のあるツイートを自動転送するサービスまであったりして。

日本の協調性と結束力は素晴らしい!!
スポンサーサイト
別窓 | トンガ | コメント:20 | トラックバック:0
最高の1枚
2011-03-16 Wed 16:38
相変わらずトンガから日本に向けて元気を与える方法を模索しています。

少なからず今の日本は笑いにくい状況にあることは間違いありませんが、
「事実」として終わったものを受け止めて、次へと行動を移さなければなりません。


HARMONYにいた頃社長に
「例えどんな状況下に置かれたとしても、その環境に感謝できるようにならんといかん。」
と言われたことがあります。


感謝を込めて出来ること。。。


「ブログを通して皆さんに笑顔を与えること」・・・かな。


笑顔は人を元気にします。
元気は人に活力を与えます。
元気のある活力は人に伝染します。
そしてまた人に笑顔を与えていきます。


不謹慎と言われようと自分らしくブログ更新していくことが
今の自分に出来ることPART2です。


そして本日、今の日本の心を表すような
渾身の1枚を撮影することに成功しました。


個人的にですが、久々にグッときた写真です。


タイトルは

「救世主」




P1050505.jpg



やっと家のWi-Fi修理が終了しました。
別窓 | トンガ | コメント:4 | トラックバック:0
今、自分に出来ること
2011-03-14 Mon 15:30
日本のニュース

聞いていて心が痛みます。

今の自分に何が出来るだろうか1日考えました。

日本に帰ってボランティアをしようかとも考えました。

でも日本に帰るお金を使うくらいなら、

「普段では絶対にしないくらい募金したらいいじゃないか!」

と思い


goo募金


にて募金することにしました。

トンガから日本に出来ることは金銭的補助くらい。

福岡は地震から遠い。

家族も無事だ。

ほとんどの友人も無事だろう。

でも間違いなく友人の家族、親戚、友人は巻き込まれているはずだ。


クラストチャーチの地震で何も動かなかった自分がいた。

とても自分が情けなかった。

だから今動く。


お金は本当に困った人がいるなら惜しみなく使う。

今がそのときだと思う。


このブログを見た方、

今健康で、生活が出来ているのであれば

是非募金をしてください。


心の底から苦しんでいる日本人が今たくさんいます。

この目で見ていないのではっきり言えませんが、今までとは規模が違うはずです。

「自分は関係ない・・・」なんて言わないでください。

被災者を支えていきましょう。


日本がとうとかじゃなくて「人」として。


本来自分勝手に募金して終わればそれでいいことだろうけど、

このブログでもしかしたら1人募金したり、

ボランティアに協力したりする人が出るかも知しれない。


それにかけてみました。


日本のみんな


がんばれ!!!!!


俺はトンガから必死に応援してるぞ!!!
別窓 | トンガ | コメント:3 | トラックバック:0
暴動が起きていたとは・・・
2011-03-10 Thu 14:56
トンガの首都ヌクアロファの街中は、どこか殺伐としています。
きれいな建物があったかと思えば、ぼろぼろの建物があったり。
街の中心部にぼろぼろの巨大青空マーケットや、ホームレスのたまり場があります。
あまりにもミスマッチというか、いびつな雰囲気。不思議な感覚でした。

するとtwitterでフォローしてくださっている方の中に元トンガ在住という方がいて、
「2006年に大きな暴動があった」
との情報を入手。少し調べてみました。

事の発端は
2006年11月に議会で民主化推進の為の諸措置が議決されない事に反発した反政府過激集団が暴徒化して、
首都ヌクアロファにて官公庁やホテル・中国人商店等に対しての投石・略奪・焼き討ちに発展したとの事です。
街の一番大きなスーパーマーケットが燃え、さらには中国人の個人商店などに対しての強奪や放火が行われました
全焼したショアラインビル・モリシスーパーマーケットから合計8人の焼死体が確認されたようです。
なぜ中国人に対しても攻撃がなされたかというと、
中国人が移民してきた当初にだまされて職もなく移民してきた一部の中国人が窃盗などを働いた事が一つと、
商店などで儲けたお金を中国に送金してしまい地元に還元していないところから
「中国人はトンガからモノを奪ってゆく」というイメージが蔓延していたからということです。

逆に日本人に対してはJICAの活躍もあり、トンガ人は超親日です。
でも日本人と中国人の違いをトンガ人は見分けにくく、当時は日本人にも被害があったと言われています。

・民間企業の被害件数143件
・首都ヌクアロファ商店中心部の80%が崩壊
 (なくなった主な店舗… モリシ・ANZ銀行・スターシネマなど)
・死者8名
・約200名のオーストラリア・ニュージーランドによる共同治安維持
 部隊を受け入れ
・被害総額2億USドル
・社会経済の回復に10~15年を要するであろうとの専門家の見解

ということらしいです。
あのでっかい青空市場はスーパー跡だったのか・・・。
ほとんどの家が崩壊してしまったので、家がない人、仕事がない人があふれていったんですね。

ただトンガのすごいところは「世界一貧しい気楽な国」といわれています。
これはお金がなくても
海には魚がたくさんいて、森には野菜やフルーツがたくさんあって、
困ったとしても死ぬことはないというわけです。

いい勉強になりました。
・・・それにしてもみんな陽気にしとるけど、お気楽すぎんか??(笑)


さぁ今日はDavidと共に食事に招かれています。
最近何かと面会が多いので、シャツとスラックス、ベルトを買いました。
トンガ人はプライドの高い人種なので、服装にも結構気を遣います。

トンガ人男性の平均身長は177cm、全部でっかいので探すの超大変。。。
結局シャツは子供用のを買いましたとさ(笑)
別窓 | トンガ | コメント:10 | トラックバック:0
ただいまの状況報告
2011-03-09 Wed 15:19
トンガに渡り、ブログをご覧の皆様に色々とご心配をおかけしているようなので、
現在までの流れを説明します。

時はさかのぼる事2011年1月28日からの出来事です。
ざっくり書きます。

・オーストラリアからニュージーランドに渡る際に、ニュージーから出国する際のチケットが必要ということで、急遽トンガ行きが決定する。



・ニュージー到着後、トンガの情報収集中にトンガでのダイビング求人を発見。しかも日本人オーナー。数件のメールやり取り後、履歴書添付のメールを送る。



・オーナーとスカイプで会話。この時彼のビジョンやトンガでの現状況、雇用内容をお互い同意の上採用決定。



・トンガ到着、オーナーと会う。3日間共にするもほとんどの話がウソ。100点満点中5点くらいの正解率。
それでもなおウソを重ね、調子いいことばっかり。人のせいにしたりいい訳が半端なく多く、全く信用できないので雇用はナシにしてもらう。初めて出会った人種だった。



・こっちが怒りたいのにも関わらず、オーナーがこそこそ隠れて現地人に「弘太朗を助けるな」なんて言っている事を知る。器の小ささを知り「辞めてよかった」と安心する。



・過去にオーナーと一緒に仕事をしたことがある女性と出会う。彼女の話でもオーナーの評価は同じ。現地の違うダイビングショップを紹介してもらう。



・オーナー、現地人にまでウソをついていたことが判明。現地人一同呆れてしまう。この時関わりある現地人組織のボスがマフィアではなく政府の最高機関の人間とわかる。オーナー国外追放危機。この組織はトレジャーハンティングをやっていて、過去に2隻の沈潜を発見し、1600年代の金貨や鐘を手に入れる。この手伝いをすることが決定。



・自分のことを「ブラザー」と呼び、一番仲のいいDavidが傭兵の最高幹部で組織のNO.2だということが判明。現在世界を飛び回っている。彼が「ブラザーを家に戻せ」の一言でプリンセス邸に戻る。Davidに警察、政府、日本大使館のトップを紹介してもらう。食事、宿は全てDavidもち。



・違う現地のダイビングショップに行く。現在オフシーズンのためお客さんがいないので、2週間後また打ち合わせ。



・1週間後に離島に渡りトレジャーハンティング泊り込みで1週間行う
・Davidの紹介でトンガ国王に会う予定



こんな感じです。なんかすごいことになっています。
最初は自分も「大丈夫かコイツら・・・?」と思っていましたが、
少なくともDavidはめちゃくちゃいい奴です。
食事も豪快に頼むので1回お金が足りないことがありましたが、
翌日には更に色をつけて返してきます。
「俺も食ったし、こんなん受け取れねぇよ!!」っても無理やり渡してくるような男です。

まぁブラザーっても顔も体格もヴァンダレイシウバによく似た57歳のおいちゃんですけどね。

でもトンガ国民もほとんどの人が彼を知っており、しかも悪く言う人は一人もいません。
「何も気にせず俺の近くにいろ、そしたら常に安全だ。気になることがあったらすぐに電話してくれ。お前のことは俺が全部なんとかしてやるから」
とめちゃくちゃ気に入られてます。

国王の娘の家に住み、国を動かす人間に守られ、
トンガ国内での安全は最高水準で確保されました。
こんなミラクルもあるんやね。。。(笑)
別窓 | トンガ | コメント:2 | トラックバック:0
住処 in Tonga
2011-03-06 Sun 16:34
トンガに到着してあっという間に3日。

P1050401.jpg


現在「縁」あって

なんとトンガ国王の娘の家に住んでいます。

P1050387.jpg

なぜか・・・?
それは


今世話をしてくれている現地人グループが国王側近の仕事をしているということらしい。
どうやら国がらみのマフィアのようです。

超いい奴らですけどね

そしてプリンセスが現在ニュージーに行っているので、
自分達がここで生活させてもらっているという経緯。

・・・らしい

詳しくはわかりません(笑)

相変わらず大神 弘太朗は悪運の強い男です。

家はもちろん超ビッグ

P1050399.jpg

P1050389.jpg

玄関抜けると

P1050375.jpg

壷があって

P1050377.jpg

超広いリビングルーム

P1050378.jpg

応接間?

P1050385.jpg

わけのわからんオブジェ

P1050386.jpg

網戸も職人が作ったような手の込みよう

P1050382.jpg

ここでパーティーをするそうです。

P1050383.jpg

バルコニーからの風景。景色までいいとは限らない(笑)

P1050384.jpg

P1050379.jpg

キッチンルーム

P1050381.jpg

ゲスト用の部屋、ベッドも極端にでかいです

P1050380.jpg

リビングの奥で食事をとります

おまけにWi-Fi完備(なぜかスカイプはできない)
こんなすごいことになるとは思いもしませんでした。

日本で言えば天皇の娘の家で生活しとるってことですからね(笑)


しかーーーーし!!

しかしかしかーーーーし!!!


いい話と悪い話は紙一重。

自分はここでダイビングの仕事をする予定でした。
12名宿泊可能なでっかいクルーザーでダイビングを提供するという。


実際にふたを開けてみると・・・


残念なことに労働ビザ、船の手配、拠点、タンク、まぁそれはたくさんの肝心な事ができていませんでした。
もちろん仕事はまだありません。


うーん話が違いすぎる



・・・というわけで交渉は決裂。

短い間のVIP生活でした。


まぁ海外では「ダマされてナンボ」みたいなところがあるので気持ちを切り替えていけるんですが、
今回相手が日本人ということもあり、

私、久々に大激怒しています。


嘘に嘘を重ねて
よくこの状態で雇ったな。。。

100が満点とすると事実は5くらいでした(笑)




そんな心を癒してくれたのが売店で見かけた2つのアイテム

P1050406.jpg

えっと、

えぇーっとー、

クレヨンのおぼっちゃま・・・?



P1050404.jpg

えっとー

えぇっとー・・・


わけわかんねぇよ(笑)


器材も送ってしまったことやし、
明日違うショップあたってみます!!
別窓 | トンガ | コメント:0 | トラックバック:0
のらぶた
2011-03-06 Sun 12:56
トンガは

野良犬がめちゃくちゃ多い。

そして

P1050394.jpg

P1050396.jpg

P1050398.jpg


野良豚がたくさん


・・・なんじゃそりゃ(笑)


この野良は全部食用なんだとさ。
別窓 | トンガ | コメント:1 | トラックバック:0
トンガ到着
2011-03-06 Sun 06:49
トンガ到着です。

これまでさんざん苦労してきた飛行機のトラブルもなく3カ国目に突入。


ほとんどの方が
「おいおい、トンガってどこだよ!」
と思われているかと。

とりあえず全員「ぐーぐるあーす」で調べてみて下さい。


kotaro ホク インゴア メイ Japan マロー
(私の名前はこーたろーです。日本から来ました。ありがとう)
別窓 | トンガ | コメント:0 | トラックバック:0
| Kotaroの世界一周 ~自然伝承の旅~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。