The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Aucland
2011-03-01 Tue 20:58
旅の最終地点オークランドに到着。

P1050357.jpg

P1050358.jpg

P1050359.jpg

P1050354.jpg

P1050360.jpg

P1050361.jpg

P1050362.jpg

ニュージー最大の都市だけあって街はでっかい。

P1050324.jpg

街を散策していると、
P1050325.jpg
ちょうどチャイニーズニューイヤーということでお祭りが開かれていました。

P1050326.jpg

P1050327.jpg

P1050328.jpg

公園のいたるところにランタンが登場。
特設ステージも組まれ中国の芸を見ることが出来ました。
町内会の出し物レベル以下のクオリティに大爆笑です。
周りは出店だらけ。たくさんの観光客でにぎわっていました。
夜には花火も上がって大盛り上がり
んでも、旧暦の正月って2月3日やったよね?何でまたこんなに長くやっとるんやろか。。。謎です

どことなく「長崎らんたんフェスタ」の雰囲気に似ています。
そういえば去年のらんたんではダイビング後にお客さんと共にコスプレ写真を撮り、
100cmパフェにチャレンジして認定証をもらったなぁ。

いい思い出です(笑)


ソウルメイト真央との別れの日が近づいてきたということもあり
3日間は豪華に(自炊で)いこうと決め、気合入れて料理作りました。

P1050335.jpg
生地を作って

P1050337.jpg
焼いて挟んで

P1050339.jpg
テリヤキバーガー完成!!

P1050341.jpg
P1050343.jpg

そしてアボガドのカナッペ
日本にいた頃好きだった居酒屋でコレ作ってたのでマネして作ってみました。

超絶料理ブームです。
すぐにブームは去ると思いますが。

朝はもはや定番化してきたこのラインナップ

P1050333.jpg
オーツ
これはパンを作るときに残った麦のかけらを集めたものです。
栄養満点で安い。煮てどろどろにして食べます。

P1050330.jpg

ソイミルク(豆乳)

P1050332.jpg
はちみつ

P1050331.jpg
Red Bush Tea(ルイボス茶)


日本にいた頃はルイボス茶なんて健康飲料だと思っていましたが、
コレにソイ+はちみつを入れるとめちゃくちゃおいしい。

少しくせがあるので賛否両論別れると思いますが、是非一度お試しあれ。

P1050336.jpg

気づけば調味料+食材が10kgくらいありました。
トンが行くまでに絶対使い切ってやる!!


そして
1ヵ月半共に行動した真央さんとお別れのときです。



P1050344.jpg


喜びも苦難も共にしてきた友。
時には宿で知り合った奴らに「お前達はカップルか?」と聞かれ
「違う。」と応えても「そんなことあるかー!」と馬鹿にされたこともありました。

まぁ傍から見たらそうかもしれませんが。

というか自分が現在男ではない状態というのが一番大きなポイントでしょう(笑)
(コレについてはいつかお話します・・・)

そういう点で真央さんの彼氏は非常に寛大です。

岡本さん、日本に帰ったら是非一度会いしましょうぜ!!



別れ際に真央さんが本をくれました。
手作りの本で、タイトルは「おれんじのひと」
このときは読まずにしまっておきました。


読んだら絶対泣くしねー・・・

毎日笑いました。毎日歌いました。
彼女は気遣いが出来て、全体の心のバランスをとるのが非常に上手な人です。
どんな人とも仲良くなる。どんな人とでも会話が弾む。社交性抜群です。
更に英語も堪能。これで21歳大学生ときたもんだ。

将来が末恐ろしい奴です。


そんなソウルメイト真央との「縁」に
心から感謝と敬意をこめて  ありがとう


じゃあな!!!

次は日本で!!!!!
スポンサーサイト
別窓 | New Zealand | コメント:2 | トラックバック:0
Tongariro
2011-03-01 Tue 09:18
Wellingtonから北へ5時間、
北島の中心部に位置するTongariro National Parkに到着。
ここトンガリロ国立公園は活火山を3つ有する世界遺産で、
世界中から登山者が訪れてくるようです。

P1050196.jpg

宿からバスに乗り登山口へ向かいます。

P1050201.jpg

これが今回のルート。
左から右上まで寄り道を含めて約20kmの道のりです。
(右上までバスが迎えに来る)

P1050207.jpg

P1050208.jpg

トレッキングスタート。
石の目が荒く結構歩きにくい登山道です。

P1050209.jpg
P1050216.jpg
P1050220.jpg

聳え立つ山々は圧巻。天気にも恵まれました。
毎度毎度天気だけは運がいいのー!!

P1050213.jpg

P1050221.jpg

P1050222.jpg


P1050228.jpg

「Soda Spring」

P1050230.jpg

P1050232.jpg

P1050233.jpg

結構道は急勾配で
クレイドル程危険ではないけど、体力的にはきつい。

P1050239.jpgP1050241.jpg

P1050240.jpg
P1050243.jpg
P1050244.jpg
P1050245.jpg
P1050249.jpg

1000mを超えるポイントに大きな大平原がありました。
「なんでここに??」っていうような感じでポンっと出てきます。
P1050250.jpg

アリんこみたいです

P1050254.jpg

P1050255.jpg

P1050257.jpg

クレーター

P1050259.jpg

ここらの標高が
3つある山は
上からおよそ

2700m
2300m
1900m

今回は一番低いMt.Tingariroを超えていくルートです。

P1050261.jpg

P1050262.jpg

P1050263.jpg

レッドクレーター
真っ赤な岩が聳え立ちます。
ここら辺まで来ると至る所に湯気が見えます。
大分県別府市に来たような硫黄臭です。
高度が高いので寒いのに、湯気付近はあったかい。
腰を下ろすとお尻もあったかい。

P1050267.jpg

遠くに湖が見えてきました。

P1050268.jpg

P1050269.jpg
Blue Lake

P1050276.jpg

P1050280.jpg

なぜこの色になったのかは分かりませんが真っ青な湖です。

P1050284.jpg

景色がきれいなのでこの付近で昼食を取る人が結構見られました。
トレッキングも終盤に差し掛かってきました!!

P1050294.jpg

P1050296.jpg

P1050297.jpg

P1050298.jpg

P1050302.jpg



P1050304.jpg
奥の奥に見えるのはLake Taupo
NZで一番大きな湖です。
でかすぎて真央さんは当初空だと思っとりました。んなアホなっ(笑)

P1050306.jpg
P1050308.jpg
平原を抜け


P1050311.jpg
川を抜けると


P1050317.jpg

やっとこさ反対側に到着!!Tongariroクリアです。
達成後は記念撮影。
たくさん人がいる中、恥じることもなく

P1050318.jpg

P1050319.jpg

何回もやっているのをみてバスの運転手が
「俺が撮ってやるよ」と意気込んで協力してくれた写真がコチラ

P1050320.jpg

タイミングあってねー(笑)
明らかに最初にもって来るべき一枚です。。。
しかも撮ってくれたおっちゃん
「どうだ?完璧だろっ!!」みたいな顔で親指つきたててきました。

別窓 | New Zealand | コメント:3 | トラックバック:0
Wellington
2011-02-28 Mon 20:36
Christchurchの大地震がおこる10日前、
Christchurchに3日ほど滞在し、北島の玄関口であり首都のWellingtonに向かいます。
ここWellingtonではなんと現地人の家に泊まれるとのこと。
まぁしかし南島でファームステイする予定ができなかったりと、
何かとトラブルの多かったため2人とも半信半疑。。。

なのでWellington空港でKellyと出会えたときの感動ったら

もうそりゃぁ・・・ねぇ。すごかったのよ(笑)


P1050052.jpg


こちらがKelly(ケリー)です。ケバブ食ってます。
今回の繋がりはと言うと真央さんの彼氏の友人の弟という関係。

・・・極限に遠い(笑)
けどすごい縁だ。どこでどう繋がるかわからんねー。
これまでの我々は旅人の中でもキャンプ暮らしが大半を占めかなりサバイバルな領域で生活していたため、
先ほどの写真に登場したケバブや

P1050054.jpg

こんなオッシャレーな飲み物に出会ったのは東京以来です。
この葉っぱはニュージーのシンボルにもなっている葉で、いたるところで見かけます。

P1050056.jpg

街は港に面していて、
鳥目線で見ると

P1050062.jpg

P1050064.jpg

こんな風景です。
残念ながら普通の写真はありませぬぞ。
そしてKelly家に到着。
なんと夕食を準備してくれました!!
突然ケリー父に「これで作ってくれ」つって渡されて、
あとは完全放置。

「自分で考えろってこと?これが海外のやり方なのか?」

とキッチン、皿、冷蔵庫などなど全てを出会ったばかりの奴に完全一任。
日本じゃ絶対に考えられん(笑)
んで結局食材を駆使してディナー完成。

P1050068.jpg

しかしいままでの料理と違い食材が豊富なので超豪華です。

P1050070.jpg

しかもワインつき。
こっちのワインはワイナリーがたくさんあるので安くておいしいものが手に入りやすいのが特徴です。

P1050080.jpg

Wellingtonの夜景。

P1050082.jpg

Kellyの友人達とこの絶景スポットで宴会してきました。

それにしても彼らはよく遊ぶ!!

Kellyたちは毎晩遊びに出ます。帰ってくるのは午前3時くらい。
んで昼12時前くらいに起きる。
実家住みながらも
「家で長いことご飯を食べていない」
なんてことを言うとりました(笑)

P1050118.jpg

P1050086.jpg

Wellingtonの博物館はNZで一番と評判。
かなり力が入った施設らしく、前々から行きたい場所でした。
すると驚くことにKellyがここの従業員。
ガイド付きで案内してもらいました。

P1050089.jpg
P1050093.jpg

自分達の写真が大画面に表示されます。

P1050094.jpg

でっかいアンモナイト

P1050097.jpg

NZのマスコット的存在Kiwiの祖先

P1050099.jpg
P1050100.jpg
P1050108.jpg

海の生物もたくさん

P1050109.jpg

クジラの心臓(実物大)

P1050113.jpg

マオリ(先住民)の集会場

P1050114.jpg
P1050115.jpg

マオリの食物貯蔵庫

P1050117.jpg

この文章は初めてニュージーランドを見つけたとき、言ったとされる言葉です。
左がマオリ語です。


その他撮影禁止だったので撮ってませんが、人気アトラクションも無料で乗せてもらいました。

P1050122.jpg
翌日晩はお世話になっているのでチャーハン&ギョーザを作成

P1050123.jpg
こっちにはギョーザの皮なんて売ってないので皮から手作りです。
試行錯誤して必死こいて作りました(笑)

この家は全員超親日家。
ケリーは日本語超ペラペラ(留学していた)
母のマーサも日本語上手(10年くらい勉強している)
父のマイクは日本語は話せないものの寡黙でサムライのような人です。
何よりもKellyの兄は日本人と結婚。
そりゃ居心地いいわけだ(笑)

P1050126.jpg
街でスプレーアートを見つけました。
1枚を10分足らずで完成させます。
しかも

P1050127.jpg
このクオリティ。
すげぇ。。。


P1050135.jpg
P1050136.jpg

ケリーが休みの日にワイナリーへ出かけました。

P1050138.jpg
友人のティパニ。彼はマオリ人です。
未だマオリはアボリジニのように独自の文化を大切にしており、
現代人との交流を絶っている者もいるらしいですが、
ティパニのように現代人と同様に生活している人がほとんどのようです。
この国は自分を含め異国民が多く多国籍、多民族が基本なため、
マオリに対する差別は全くありません。
オーストラリアとは大違いだ。
P1050140.jpg

P1050143.jpg
P1050144.jpg
P1050146.jpg

ワイナリーに到着。
周りはブドウだらけです。

ここで採れたブドウで作ったワインを販売しており、
おいしいワインが$5で試飲し放題です。
これは楽しい(笑)

P1050147.jpg
P1050149.jpg

店内もオシャレな感じ。
P1050150.jpg

P1050152.jpg

P1050160.jpg

帰り道、
「この道どっかで見たことあるなー・・・」
なんて思い、考えること数分

P1050163.jpg

「あっ!大分だ!!」
国道10号線「うみたまご」付近の大分の道にそっくりです。
右は高崎山ってか(笑)

P1050170.jpg
P1050192.jpg
その後仲間達とサーカスに行ってきました。
中国のサーカスで、超絶ハイクオリティ。
度肝を抜かれる演技でした。


そして出発。5日間ここに住ませてもらいました。

P1050193.jpg

マーサとお別れ
「もっといればいいのに!」と淋しがってくれました。


そしてケリーとお別れ。

P1050195.jpg

本当にいい奴でした。
この「縁」に感謝。ありがとう

別窓 | New Zealand | コメント:0 | トラックバック:0
Wanaka
2011-02-28 Mon 10:40
クィーンズタウンから北へ120km、ワナカの町に到着です。
ここの一番の目的はなんと言ってもスカイダイビング!!
嬉しすぎて先日のブログで先走ってアップしたアレです。

知らない方はこちらからどうぞ

Skydiving


P1040865.jpg
P1040876.jpg

Wanaka Lakeという大きな湖に面したこの町はとにかく劇的にきれいな町です。
一見海にも見えるほどでっかいです。
しかも

P1040879.jpg

奥には雪山が見えます。
あの一帯は1年中雪が溶けないようですな。
すげぇ・・・

P1040882.jpg

P1040883.jpg

ここが宿泊した宿。
1泊$24ながらきれいな宿です。

P1040896.jpg
P1040897.jpg

エーゲ海的な家

P1040899.jpg

おっちゃんは犬と散歩

P1040900.jpg
P1040902.jpg
P1040903.jpg
P1040912.jpg

Lake Wanakaの周りでは散歩、サイクリング、日光浴、海水浴、カヤック・・・etc
皆の憩いの場です。

スカイダイビング翌日はあまりに気持ち良いので
自転車をレンタル。

P1040956.jpg

気が向くままに走ります。

P1040934.jpg

ちなみにこっちでの自転車の位置づけはかなり車に近い感じです。
たまに自転車道もありますが、基本的には車道&ヘルメット着用義務。
(オーストラリアはもっと厳しい)
マウンテンバイクでひたすらレイクサイドを攻めます

P1040935.jpg
P1040936.jpg
P1040938.jpg
P1040942.jpg
P1040946.jpg

数時間走ったところで、山を発見。ちょっと急でしたが登ってきました。

P1040954.jpg
P1040957.jpg
P1040958.jpg
P1040959.jpg
P1040934.jpg
P1040963.jpg

山頂に到着

P1040973.jpg
P1040974.jpg
P1040976.jpg
P1040970.jpg

てっぺんで食べるお好み焼きは格別ですのー。

P1040978.jpg

Wanakaは今回旅の中で一番好きな町です。
(この後Wellington、tongariro、とまわり、現在Aucklandです)

「何がいいの?」
と聞かれても答えきれませんが。。。
とにかくこのWanakaは最高でした

現在
2位はクイーンズタウン
3位はタスマニアのロス


ニュージー行く機会があったら是非よってみてください!!
別窓 | New Zealand | コメント:0 | トラックバック:0
Queenstown
2011-02-27 Sun 20:10
ガイドブックを読むと必ず
「南島に行くなら絶対に行け!」
とかいてある街。

P1040848.jpg

到着してみると納得。
自然と街が見事に融合した美しい街です。

P1040840.jpg

P1040841.jpg

宿の前はこんな感じ。
部屋は6人部屋(少なめ)の部屋だったんですが、
ここで出会ったルームメイトがこれまたいい奴ばっかり。
一気に意気投合して、そのまま

P1040839.jpg

P1040837.jpg

P1040838.jpg

宴会です。
ノルウェー、スウェーデン、ドイツ、フランス、スペイン、イスラエル、日本
の国際交流。やたらヨーロッパばっかし(笑)


翌日は

IMG_3123.jpg

前日仲良くなったノルウェー人のトーマスと共に釣りへ。
身長高くて、自然が大好きで、熊みたいな奴だった。
そしてめちゃくちゃいい奴。

IMG_3126.jpg

IMG_3135.jpg

片道1時間かけてたどり着いた湖は地元民しか知らないような隠れポイントでした。
ここで釣りスタート!!

・・しかしのぉ。。。

IMG_3139.jpg

IMG_3141.jpg

私、釣りなんて数えるくらいしかやったことありません。
しかもフライフィッシング。
わけわんねー(笑)

全部適当見よう見まねで何とかスタート。

IMG_3142.jpg

必死こいてやっていたら・・・
30分もしないうちにトーマスが戻ってきて
「湖が荒れすぎだ。コレじゃあ釣りにならない」
と終了宣言。

1匹も釣れとらんばーい。

しょうがなく帰って魚買って、食卓に並べましたとさ(笑)

P1040845.jpg

P1040847.jpg

翌日虹が出ていました。
実は本来ここでスカイダイビングを行う予定でしたが、

Queenstownにあるスカイダイビング会社の対応が
死ぬほどイヤでー、イーヤで、ーイヤでたまらなかったので
Wanakaの町に変更したんです。。。


P1040851.jpg

街はそこそこ大きく

P1040855.jpg

P1040858.jpg

P1040861.jpg

P1040863.jpg

IMG_3158.jpg

自然も豊か

IMG_3162.jpg

ハゲまっしぐらです。
別窓 | New Zealand | コメント:0 | トラックバック:0
Dunedin
2011-02-27 Sun 16:07
Dunedinの続きを読む
別窓 | New Zealand | コメント:1 | トラックバック:0
地震の影響
2011-02-23 Wed 10:05
いろんな方から
「地震大丈夫?」というメールをいただきました。

地震があったのは南島のクラストチャーチ、
現在自分は北島の北部オークランドにいるため問題なしです。

というより、メールを見るまで
そんな深刻な状況だということを知りませんでした。
かなり深刻な被害が出ているみたいですね。。。

去年9月にも同様に地震の被害があり、
街の中は復興作業がいたるところでなされていました。
やっと営業開始できるようになったばかりのホステルもありました。
追い討ちをかけるような地震のため今回の被害になったと思います。

自分はこの街を2回訪れています。

1回目はオーストラリアから到着したとき
2回目が10日前。

現在空港は閉鎖状態らしく、コレが自分のときだったらと思うとぞっとします。

死者は65人を超えたようです。
幸か不幸か友人はクラストチャーチをもうすでに出ていました。

未だ行方不明者も多数ということで
これから間違いなく被害は拡大するはずです。
ご冥福をお祈りします。。。

たくさんの方にご心配おかけしました。
そしてたくさんのメール、メッセージをいただきました。

こんなにたくさんの方がBlogを見てくれていて、何かあったときに心配してくれて
感謝極まりないです・・・。

みなさん本当にありがとうございます!!
別窓 | New Zealand | コメント:2 | トラックバック:0
懐かしの写真
2011-02-20 Sun 16:59
現在中心都市オークランドに来ています。

今日Facebookを見てみたら、
聡美さんが大量に写真をアップしてくれていました。


もう最高!!!!!!


懐かしくて鼻血が出そうだったぜ!!

出発から2ヶ月、ハーモニーの皆さんは元気だろうか・・・。
別窓 | New Zealand | コメント:1 | トラックバック:0
スカイダイビング
2011-02-14 Mon 20:45
死ぬまでに一度はやってみたかった

スカイダイビング

P1040894.jpg

ついにニュージーランドでやってきました!!

P1040884.jpg

「Wanaka Skydive」

そのまんまです。
当初Queenstownで飛ぼうと考えていましたが、

「絶対に妥協したくない!!」

というわがままっぷりを2人とも発揮したおかげで
ニュージーの中でも特にきれいな場所「Wanaka」に決定。

P1040887.jpg

P1040890.jpg

高度は15000ft(4572m)のため上空は極寒。
こんなの着て飛びます。

IMG_3185.jpg

インストラクターのアドリアーノ
めっちゃいい奴でした。
しかも仲良くなったおかげで撮影NGの飛行機内での撮影許可をいただきました。
(スタッフメイキングのDVD&PHOTO売りたいからダメなんだって)

IMG_3186.jpg

飛行機内はイントラ・ゲスト・イントラ・ゲストの順にぎゅうぎゅう詰め。
これがまた緊張感を誘います。

離陸。
アドリアーノの説明を聞きながら撮影しまくります

IMG_3189.jpg

IMG_3190.jpg

IMG_3192.jpg

IMG_3194.jpg

ここらで周りのゲストは酸素マスクを装着。
アドリアーノ的に「こいつは元気だ、必要ない」と認識したのか
めんどくさくなってきたのか
自分だけもらってません。。。

IMG_3196.jpg

15000ft到着。
富士山より高い場所からまっさかさま。
前を見ると次々と飛行機から飛び降りる

自分は最後。
正直ちょっとビビッてます。

飛行機のヘリに腰掛ける

アドリアーノからレクチャーをうけ、頭を引く

「いいか?」 「OKだ!」


・・・


・・・


・・・


・・・


無音

ほんの一瞬ですが、なにも聞こえませんでした。

その後1分ほど超エキサイティングな時間がやってきます。


気になるポイントとして
ジェットコースターとかで感じる「ふわっ」っとしたアレ。
自分は「ちん○んふわっと」と呼んでいますが
ちん○んふわっとはとんだ直後の一瞬のみです。



ぶわぁーーーーと風が当たり
「のわーーーーーーっ!!!!」と声が出ます。

数秒後これが

「おわーーー!!すげーーー!!!」

に変わります。
この頃にアドリアーノが
「どうだい?」と聞いてくるので「OK!最高だ!!」と親指を立てると

体がくるくる回ります

また
「のわーーーーー!!!」です

しかしくるくる回ると
360°世界を虜にするニュージーの自然!!


超エキサイティングです。


頭の中がアドレナリンでいっぱいになった頃

パッと

パラシュートが開き、体にぐいーーーんと負荷がかかる

エキサイティング → ファンタスティックに切り替わる時です。
このとき「タ」にアクセントを置くことを忘れないでください。

ファンタスティックです。

いい発音です!!


パラシュートに切り替わったら
ゆっくり自然堪能


と思いきや


アドリアーノがパラシュートを逆さにしたりして
更なる興奮を与えてくれます。。。

いい奴だアドリアーノ。

ここではもう会話が出来るくらいの風量。
「やってみるか?」と聞かれたので
パラシュート操縦してみました。

風景はまさにジオラマ。
家や車、ヘリ、飛行機が模型のように見えます。

そしてふわふわと地上に降ります。


IMG_3197.jpg

見てくださいこのやりきった表情を。

飛ぶとこんな感じ。

購入すると高価だったので断念しましたが、
別の人ですがyoutubeで天気も雰囲気も全く同じようなのがあったのでアップします!!


スカイダイビング!!
(youtubeに飛びます)

金銭的余裕さえあればもう100回くらいチャレンジしたい。
というか、どこかでもう一度チャレンジする気満々です。

飛び終わった後、新婚旅行でニュージーに来ていた
慎太郎さんと藍子さん

P1040893.jpg

何かの縁で通訳(主に真央さんが)することになり
空へ飛び立っていきましたが、その後の結果が気になります。
藍子さんめっちゃビビってたなぁ(笑)

それにしても

あー最高におもしろかった!!

みなさんもチャンスがあれば是非やるべし!!
別窓 | New Zealand | コメント:6 | トラックバック:0
Christchurch
2011-02-13 Sun 15:55
未だ終了していませんがタスマニアのブログとの格闘により、ニュージーランドに入ってすでに2週間以上経過しました。
相変わらずなんともずぼら。
にもかかわらずちょいちょいA型の血が騒ぐのが残念です。

タスマニアで仲間になった真央さんとともにニュージーランドへ。

彼女曰く我々は「ソウルメイト」
しっくりきすぎて笑える。
そこらへんの男よりタフな気の利くいい奴です。


最初に到着したのがクラストチャーチの街、南島一番の街

P1040745.jpg
P1040747.jpg

街のど真ん中に大聖堂があり、外国感丸出しです。
簡単に言えば全てが「いちいちおしゃれ」な感じです

P1040748.jpg
P1040751.jpg
P1040755.jpg
P1040756.jpg

ねっ(笑)

P1040763.jpg

夜には大聖堂がライトアップされ、街のシンボル的な雰囲気です。
日中はこの前で大道芸人やミュージシャンが芸を披露しています。
(ミュージシャンは街のいたるところにおります)

P1040992.jpg
P1040996.jpg
トラムも街のど真ん中、歩道まで侵入してくる愛嬌っぷりです。
手を振ると運転手のおっちゃんは基本的に手を振ってくれます。

P1040995.jpg
P1050003.jpg
博物館の中では「ニュージーから見た日本」を知ることが出来ました。
やっぱり刀とか着物、浮世絵は大人気らしく、特別な感じで展示してありました。

P1050009.jpg
「アートギャラリー」
家が浮いてます。わかるかな?

P1050012.jpg
週末はマーケットが大聖堂前で開かれ、にぎわってます。
オージーもキーウイもマーケットが大好き。

P1050014.jpg
宿で知り合った沖縄出身のユウヤさんとも街をまわりました。

そしてこっちで有名な食べ物がコレ

P1050015.jpgwidth="119" height="67" />

「SUBWAY」
日本にも少しありますが行ったことなくてシステムも理解不能でした。
コレがまたすごい。
まずは5種類の中からパンを選び、
メインの食材を選びます。
ハム、ベーコン、サラミ、魚、チキン、ビーフ など15種類くらい
次に野菜、10種類くらいあって
「何入れる?」ときかれるので
「全部たのむ!」って言うと

P1050017.jpg
P1050018.jpg

こんな感じで作ってくれます。
自分はチキン&ベーコンに野菜全部のせ
すごい。。。

コレで値段は$10(700円)くらい

でも自分はクーポン券があったので
たったの$3(210円)

ありがとうニュージーランド!!


ほかにもこっちでは

・オーツ
・ヌテラ
・ティムタム

なんて面白い食べ物が人気です。
オーストラリアにいた頃は毎朝オーツとヌテラでした(笑)
別窓 | New Zealand | コメント:0 | トラックバック:0
| Kotaroの世界一周 ~自然伝承の旅~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。